探偵学校費用情報ナビ
日本で探偵を生業とするには、海外の様に何かライセンスを取ることが必要?探偵を志す人の中にはそう考える人も少なくないはず。
だって、アメリカの一部州や、タイでは探偵業を行うためにはライセンスの取得が必要ですから。
しかし、日本ではそんなことはありません。

「今日から探偵!」と宣言すれば、実力はなくても「自称:探偵」です。
ただ、本当に依頼を受け調査を行うには、公安委員会への届出等の手続が必要になります。
また、実際に調査の現場に出るまでには、探偵の調査に関連してくる法律を勉強しなくてはいけませんし、また調査を行う上で、必要不可欠なノウハウも頭に入れておかなければいけません。「今日から探偵!」と宣言するにも、自分で探偵になるために必要な情報を集めて学ぶのは少々難しいようです。

「けれど、探偵になる夢はあきらめたくない。自分で事務所を持ちたい。」と考えている人に役立つのが探偵学校の存在です。探偵に必要な知識や実地練習を教えてくれ、終了すれば系列の探偵事務所に就職することも可能であったり、独立開業のプランなどが設定されているところもあります。
学び方も探偵学校ごとに様々です。専門学校などの様に、通学して探偵についての基礎的な知識を学ぶところから、仕事などを持っている人に向けて、ウェブを活用した通信教育と実地訓練をスクーリングに設定して、組み合わせて行っているところなどが存在します。どの対応が自分には適しているのか、費用面と同時に考えていくことが必要です。

このサイトでは探偵学校の費用情報をまとめて公開しています。探偵学校選びの参考にお読みください。







(c) 探偵学校費用情報ナビ